手術の方法|紙ナプキンに不満がある方には布ナプキンが最適

紙ナプキンに不満がある方には布ナプキンが最適

手術の方法

婦人

性器の悩みは人には知られたくない悩みですし、相談も中々できない女性が多いでしょう。大阪では小陰唇が大きい女性が縮小手術を受けることも増えてきています。この小陰唇を縮小する手術についてどのような手術なのか紹介していきます。
大阪では小陰唇縮小手術を受ける女性の方が増加しています。大阪だと小陰唇が大きくて日常生活に支障をきたしたり、コンプレックスに感じている女性は珍しくありません。そんな女性の悩みを解決する方法が小陰唇縮小手術なのです。この手術は比較的に簡単な手術で、片側30から40分程で手術できます。両側を足しても80分くらいでは手術は終わるでしょう。手術の方法としてはメスを使った手術とレーザーを使った手術があります。費用はメスを使った手術の方が安価で、大阪ではメスを使った手術の方がポピュラーです。
手術の方法としては、まず麻酔をかけてから行います。手術に痛みは伴わないので安心です。次にメスやレーザーで肥大した小陰唇を切除していきます。大きくなりすぎた部分や、色の濃くなった部分を主に切除していくのが一般的です。小陰唇縮小手術では跡が残りにくいのも特徴です。小陰唇は粘膜のような組織なので傷の回復が早いのです。以前までは抜糸をしていましたが、最近の技術では溶ける糸を使うため抜糸の必要がなくなりました。他にもレーザーでの治療なら縫合の必要がないので便利です。医師と相談しながら自分にあった手術方法を探していくと良いでしょう。