原因と症状|紙ナプキンに不満がある方には布ナプキンが最適

紙ナプキンに不満がある方には布ナプキンが最適

原因と症状

悩む女性

膣カンジタのことを性感染症と勘違いしている方も多いですが、性感染症ではありません。この病気は5人に1人が経験すると言われている病気です。どんな病気なのか知っておくと良いでしょう。
膣カンジダという病気は多くの女性が経験する病気です。基本的には仕事などでストレスを溜めこんだり、疲れで免疫力が下がってしまうと発症します。抗生物質の使用が多くなり、再発率が比較的高い病気です。早期発見を心掛け、早めに対処すると良いでしょう。原因は膣内にいるカンジタという真菌が以上に増殖することで起こる炎症です。この真菌は普段から膣内にいる常在菌です。膣内は乳酸菌によって酸性に保たれており、通常は他の菌が繁殖しにくい環境を保っています。しかし、妊娠や抗生物質の使用、もしくはストレスや疲れで免疫力が低下すると真菌が増殖します。少しの身体の変化で発症と再発を繰り返す病気なのです。
膣カンジタの主な症状としては外陰部のかゆみとおりものの変化にあります。かゆみに関しては非常に強い痒みが特徴です。時にはズキズキとした痛みを感じることもあります。おりものは白く濁り、酒かすやヨーグルト、カッテージチーズなどに例えられることがあります。この膣カンジタですが、生活習慣を改善すると予防できる病気なので生活習慣を見直すことから初めましょう。また、発症してしまった時は速やかに医師に診てもらうことも忘れてはなりません。治るだろうと放置してしまうと、余計に症状があっかしてしまうことがあります。